敷き布団 腰痛 肩こり

腰痛と敷き布団との関係

我々は普段起きているとき、無意識に重心をいろいろと変え、腰の負担を軽くしてます。
布団の上での寝返りも同じことで、楽に眠れる姿勢を探して体が無意識のうちに布団上で横向きやうつ伏せになります。
布団の上で何度も寝返りをうちながらその時々の自分に適した眠りのポジションをとっています。
腰痛で悩む方は、やはり、寝ている姿勢を補助する寝具としては敷き布団にも気を遣うべきでしょう。

合わない敷き布団に寝ていると、腰痛は悪化します

合わない布団に寝ていると、腰痛は悪化します。
薄い敷布団に寝ると、自分の体の重みでお尻と腰が圧迫されて血流が悪くなり、その結果腰痛が悪化ます。

やわらか過ぎる敷き布団

またやわらか過ぎる布団に寝ると、重いお尻が沈み込んでしまい、腰が反ってしまい腰に悪い影響を及ぼします。
さらに一枚の生地や綿で出来ている布団だと、沈み込んだ生地に周辺の生地までもが一緒に引っ張り込まれてしまい、沈み込んだお尻の下の生地に腰の下の生地も引き込まれてしまいます。
その結果、より腰が反ってしまい腰痛悪化に繋がることもあります。逆に硬すぎる布団だと、緊張がとれないため、一日の疲れが取れずに腰痛改善に繋がらないというマイナスがあります。
寝具を選ぶ時には「体を点で支える仕組みになっている」ということと「やわらかすぎず、硬すぎず」を基準に選ぶのが良いといいでしょう。

腰痛によい敷き布団は寝る姿勢や寝返りに対応されていている

よい布団は寝る姿勢や寝返りに対応されていており、腰痛によくない寝返りを打たないように硬さが設計されています。
寝返りは、自分の体の重さで背中側が圧迫されて血流が悪くなったのを開放するために行う行為なので、血流が悪くなければ寝返りを打つことはないのです。
そのためには血流を妨げないやわらかさと、お尻が沈み込みすぎない硬さのバランスがベストに取れていて、沈み込むお尻に腰が引っ張り込まれない敷布団を選ぶといいでしょう。
また体を点で支えることで、お尻の沈み込みによって腰までもが引きずり込まれない構造のものもたくさんあります。どの敷き布団がいいのか調べてみるといいでしょう。

腰痛や肩こりで悩まれている方のネット口コミで話題の敷き布団です, 参考にしてください
雲のやすらぎ

敷き布団 【腰痛/肩こり】 腰や肩に負担のかかる敷布団は見なおしてみて!メニュー