敷き布団 腰痛 肩こり

腰痛の対策としてはまず第一に入浴

腰痛の対策としてはまず第一に入浴を行うといいでしょう。
入浴をすると水の浮力によって腰痛自体も和らぎますし骨や関節の負担も軽くなります。
体温が上がることによって血液循環もよくなりますので痛みはさらに軽くなるようです。
入浴の際のお湯の温度としては、38度から40度の温度のものが良いとされるのですが、ぬるいお風呂はリラックスの効果がありますし筋肉を適度にほぐしてくれるようです。

腰に負担をかけない、そして体操

もうひとつの腰痛対策としては余り大きな負担を腰にかけないことがあります。
どうしても同じ姿勢をとる仕事などについている方などは、仕事の合間に軽く体操などをして体を動かし腰痛を軽くするのも手の一つです。

腰痛対策のひとつに呼吸法

腰痛対策のひとつに呼吸法を取り入れる方法があります。
腹式呼吸は腰痛予防に効果のある呼吸法で、横隔膜を使って呼吸を行います。
アメリカやヨーロッパでは腹式呼吸といってもなじみがないようですが、太極拳やヨガなど、その他気功など東洋の国々では腹式呼吸は心と体の調子を正しくするとされて古くから行われてきました。
息を吸うときに鼻から吸うことでおなかを膨らませて、息を吐くときには口から吐くようにしてその際におなかをへこませて行きます。息を完全に吐いてしまったら、丹田を押さえながらゆっくりと息をすいます。
息を吸ったら、息を口からはくのですがおなかをへこませる様にして息を吐ききります。腹式呼吸法は座りながら行うものとして、1日10分を目安に行ってみるといいでしょう。

腰痛対策予防のためにはウォーキング

腰痛対策予防のためにはウォーキングが適しているといわれます。
ウォーキングの良いところは腰痛以外にも、心臓や肺の働きが強まるということに加えて血管、骨の強化に繋がることにあります。
ウォーキングを行う際には汗ばむぐらいのスピードをだして、姿勢を正しくして行うと良いでしょう、長期間続けてゆくことも大切になってきます。
ウォーキングは腰痛のリハビリにも腰痛予防にもなるものです。

腰痛や肩こりで悩まれている方のネット口コミで話題の敷き布団です, 参考にしてください
雲のやすらぎ

敷き布団 【腰痛/肩こり】 腰や肩に負担のかかる敷布団は見なおしてみて!メニュー